ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

Date : 2015.07.24

カテゴリー : DAILY ITEM DIY / 食事

難易度 :

コスト :

こんにちは。

夏になるとピクニックやバーベキュー、ホームパーティーにいったり、招待される機会がおおくなります。

そんな時、料理を持ち寄ったりするときや、誰も食べ物を食べていない時にこのカバーが役に立つでしょう!!

しかも汚れても洗えるので再利用できてエコです。


とても簡単で時間もそんなにかからないので
是非作ってみて下さい◎

今回使用したclocomiの生地

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

Wガーゼチェック イカリマーク

コットン100%の チェック生地です。
チェックのなかにイカリマークがちょこんとあるのがとっても可愛らしい生地です。チェックとイカリマークの相性がぴったりです。
ダブルガーゼという作りになっていて肌触りはとても柔らかくやさしいです。この生地はブランケットなどにしてもよさそうですね◎

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

ペイズリー調ジャカード織

コットン80%とリネン20%のペイズリー柄の生地です。
リネンが混ざった夏にピッタリな生地になっています。
色もキレイなスカイブルー色で夏っぽいですね◎
この生地は裏と表で色が反転しているのでリバーシブルで使用できます。この生地も柔らかく、やさしい肌触りなのでブランケットや布シーツに向いていますね。

「ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー」の手順

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

用意するもの

・お好きな生地
・ゴム
・ハサミ

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

STEP1

生地をカットしていきます。

カバーしたいボウルで型を取っていく時はボウルより2cmほど大きく取りましょう。

ボウルの大きさ関係無しで色んなサイズを沢山作りたい方は
お好みのサイズで切り抜きましょう。

※今回は半径12cm、半径15cm、半径6cmのものを作りました。

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

STEP2

カットした生地を中表に合わせ、
周りをぐるっと一周縫い合わせます。

この時に返し口を3~5cmほどあけておいて下さい。

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

STEP3

返し口からひっくり返し、
アイロンで形を整えます。

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

STEP4

端から1.5cmほどのところをぐるっと縫い合わせます。

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

STEP5

次にゴムをとおして、返し口を縫い合わせます。

※ゴムは直径より少し長いくらい

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

完成

完成しました!

いろいろなサイズのものを作りました。
ピクニックに持って行く際は同じ生地でブランケットや布シーツ、テーブルクロスなども作っていきたいですね◎

普段の日でもちょっと食べかけのものや余ってしまったものをカバーしたいときはラップ代わりにこれを使うととってもエコです。

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

完成

こんな感じです

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

実際につけてみた

実際につけてみました

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

実際につけてみた

こんな感じになります。
とってもキュートですね◎

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

実際につけてみた

少し斜め上から

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

実際につけてみた

真横から、、

今回使用したclocomiの生地

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

Wガーゼチェック イカリマーク

コットン100%の チェック生地です。
チェックのなかにイカリマークがちょこんとあるのがとっても可愛らしい生地です。チェックとイカリマークの相性がぴったりです。
ダブルガーゼという作りになっていて肌触りはとても柔らかくやさしいです。この生地はブランケットなどにしてもよさそうですね◎

ラップ代わりに、ボウル/お皿カバー

ペイズリー調ジャカード織

コットン80%とリネン20%のペイズリー柄の生地です。
リネンが混ざった夏にピッタリな生地になっています。
色もキレイなスカイブルー色で夏っぽいですね◎
この生地は裏と表で色が反転しているのでリバーシブルで使用できます。この生地も柔らかく、やさしい肌触りなのでブランケットや布シーツに向いていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です