ランドリーバッグ/ケース

Date : 2015.07.10

カテゴリー : その他 / ファッション

難易度 :

コスト :

こんにちは。
今回はランドリーバッグ/ケースを作りました。

生地選びに失敗してしまい、くたっした見た目になってしまいました、、、ショックです。
次はぴしっとなる生地を選んで作りたいと思います。

さて、ランドリーバッグ/ケースはお部屋などで脱ぎ散らかした服を入れておいて洗濯機に持って行くためや、コインランドリーに持って行くさいに使えて便利ですので是非作ってみて下さい。

持ちやすい取っ手も付いているので持ち運びが簡単です◎

ランドリーバッグ/ケース

用意するもの

・お好きな生地
・ハサミ

ランドリーバッグ/ケース

STEP1

本体生地をカットする

中生地も表生地も43cmx50cmにカットする。

ランドリーバッグ/ケース

STEP2

取っ手部分の生地をカットする
30cmx30cmを2枚カット

ランドリーバッグ/ケース

STEP3

端から中心に向かって折り込み、それをさらに半分に折り縫い合わせる。
※縫い合わせた方の反対側がごわついて気になる場合は反対側にステッチをかける

ランドリーバッグ/ケース

STEP4

中袋の両端を縫い合わせる

ランドリーバッグ/ケース

STEP5

表袋も両端を縫い合わせる
※写真は生地の残り加減で下部分も縫い合わせています。

ランドリーバッグ/ケース

STEP6

表袋のマチを作って行きます。
下から6cm、ヨコ幅12cmほどのマチを取って縫い合わせます。

ランドリーバッグ/ケース

STEP7

いらない部分を切り落とします。

ランドリーバッグ/ケース

STEP8

中袋も表袋と同じようにマチを作って行きます。
下から6cm、ヨコ幅12cmほどのマチを取って縫い合わせます。

ランドリーバッグ/ケース

STEP9

いらない部分を切り落とします。

ランドリーバッグ/ケース

STEP10

中袋だけひっくり返し、ひっくり返していない表袋の中に入れて口部分を縫い付けます。このときに取っ手を挟んでおきましょう。
※返し口を5cmほどあけておいて下さい。

ランドリーバッグ/ケース

STEP11

返し口からひっくり返し、形を整えたら返し口を縫い閉じます。

ランドリーバッグ/ケース

完成

完成しました。
生地のチョイスを間違えてしまって少し、、、いやかなり想像と違ったものが出来てしまいました、、、
でもくたっとしたものにはくたっとしたものなりの良いところもあります!!例えばトートバックとしても使えるというところとか、、、です。
それは置いといて、皆さんはくたっとしていない生地を選んで作ってみて下さい!
きっと素敵なランドリーバッグ/ケースになりますよ◎

*ぴしっとしていて固めの生地をチョイスして下の方で紹介しますので是非見てみて下さい。*

ランドリーバッグ/ケース

完成2

衣類を詰め込んで周りをくるっと丸めたら少ししっかりした見た目になりました

ランドリーバッグ/ケース

予定

これはミニ小物入れサイズですが、ランドリーバッグ/ケースもこのようにぴしっと自立して経ってくれる予定でした、、、

今回使用した生地

ランドリーバッグ/ケース

Flowers 撥水加工

コットン100%の花柄の生地です。 一面特殊な花のモダンなデザインになっています。 カラーは3種類もあって全部素敵です。またこの生地は撥水加工が施されており、通常の生地より撥水率が高くなっています。 衣服など少々濡れても大丈夫なものに使用できます。 ※完全防水ではないので大量の水は撥水できません。

ランドリーバッグ/ケース

Wガーゼ チェック柄

ここでダブルガーゼを使ったのが間違いでしたね、、、
しかしこの生地はこの生地でとっても素敵です。コットン100%のWガーゼです。 一見ボーダにも見えますが、薄いクリーム色が入ってチェック柄になっています。 柔らかな肌触りが特徴のこの生地は、リバーシブルで使用可能です。

ランドリーバッグ/ケース

おすすめ生地

エスニック柄ジャカード織り

コットン100%のエスニック柄ジャカード織り生地です。 アナログチックなエスニック柄で厚めの生地なのでぴしっと立つはずです。

ランドリーバッグ/ケース

おすすめ生地

千鳥格子 ネイビー
コットン100%の千鳥格子の生地です。 直径約3mmの千鳥柄になっています。 この生地は厚くてしっかりしているのでこの生地もぴしっとして立つはずです!!
この他にも厚めのしっかりした生地があるので是非チェックしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>