ゴーストトートバック

Date : 2015.10.08

カテゴリー : FASHION DIY / バッグ

難易度 :

コスト :

こんにちは。

今回はハロウィン特集ということで、ゴーストトートバックを
作りました〜◎

どこかで見た手作りのゴーストバックがとてもかわいかったので真似っこして作ってみました!! でもゴーストの形が微妙になっちゃいました( ^ _ ^ ;)


黒いネル生地に浮かぶゴーストがとってもキュートなバックです。
これを持って「Trick or Treat? 」とご近所さんを回りましょう!!

今回使用したclocomiの生地

ゴーストトートバック

フランネル生地

コットン80%、テトロン20%の起毛加工を施したフランネル生地です。 起毛加工とは加工の段階で生地を毛羽立たせる技術のことで、この加工をすることで表面はふわふわしていてフェルトのようなやさしい感触が特徴的です。 厚みもありしっかりしているので、バックやジャケットなどにもご使用頂けます。

ゴーストトートバック

綾織り ストライプ レッドホワイトライン

コットン100%の綾織りストライプのレッドホワイトラインです。 赤と白のラインが特徴的なちょっと変わった生地です。赤のラインのサイドには黄色いラインが細く入っています。

「ゴーストトートバック」の手順

ゴーストトートバック

用意するもの

・お好きな生地
・飾り用のフェルト(白と黒)
・ハサミ

ゴーストトートバック

STEP1

生地を図のようにカットしていきます。

ゴーストトートバック

STEP2

ポケットを作って行きます。
図のように折ります。

ゴーストトートバック

STEP3

図のように折ったものを左右縫い合わせます。

ゴーストトートバック

STEP4

引っくり返すとこのような形になります。
「わ」の部分がポケット口になります。

ゴーストトートバック

STEP5

ヒモを作って行きます。
四つ折りにし、左右を縫い付けます。

ゴーストトートバック

STEP6

飾りを表生地に縫い付けておきます。

ゴーストトートバック

STEP7

表生地を中表に合わせて左右を縫い合わせます。

ゴーストトートバック

STEP8

裏生地を中表に合わせて縫い合わせます。

このとき、返し口を5cm程度あけておきましょう。

ゴーストトートバック

STEP9

表生地を引っくり返し、裏生地の中に入れ、
ヒモやポケットを挟み込み、口部分をぐるっと縫い合わせます。

ゴーストトートバック

STEP10

返し口から引っくり返し、ぐるっとステッチを入れます。

ゴーストトートバック

完成

完成しました!!

ゴーストがとってもかわいいトートバックができました。

ゴーストトートバック

完成

裏生地もしっかり付いています!!
内ポケットも付いているので収納力抜群です!!

ゴーストトートバック

完成

今回フランネル生地を使ったのですが、とても肌触りがよくて
フワフワで、、、私のお気に入り生地のベスト3に入りそうです!!

写真ではなかなか伝えるのが難しい、、、

ゴーストトートバック

フワフワ

どうですか?フワフワ感伝わりますかね、、、?

本当に肌触りがいいので、是非実際に手にしてみて下さい!!
なんならサンプル請求だけでもいいので、、、笑

ゴーストトートバック

完成

生地が冬物なのでとてもあったかく、しっかりしているので本当に
この生地素晴らしいです◎!
このゴーストの部分ポケットにするのも良かったですね〜、
そこにお菓子詰め込んで、、、とか楽しそう!!
また挑戦したいと思います。

今回使用したclocomiの生地

ゴーストトートバック

フランネル生地

コットン80%、テトロン20%の起毛加工を施したフランネル生地です。 起毛加工とは加工の段階で生地を毛羽立たせる技術のことで、この加工をすることで表面はふわふわしていてフェルトのようなやさしい感触が特徴的です。 厚みもありしっかりしているので、バックやジャケットなどにもご使用頂けます。

ゴーストトートバック

綾織り ストライプ レッドホワイトライン

コットン100%の綾織りストライプのレッドホワイトラインです。 赤と白のラインが特徴的なちょっと変わった生地です。赤のラインのサイドには黄色いラインが細く入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です