ころんとかわいいまん丸バックの作り方

Date : 2016.02.19

カテゴリー : JEWELRY DIY / バッグ

難易度 :

コスト :

こんにちは、ナカムラです!

今回は丸いまん丸のバックを作りました。
個性的な柄の生地は個性的なものに!と思い、個性的な形のバックを作りました。無地のお洋服等に合わせるととても素敵ですよ♪

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

用意するもの

・お好きな生地
・ハサミ
・ボタンかファスナーなどの入り口を止めるもの(今回は使いませんでした)

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

1

生地をカットして行きます。

まずは取って生地。
10cm×36cm

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

2

生地をカットして行きます。

次は本体生地。
半径17.5cm程度の大きさ

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

3

パーツ生地。

表ポケットー12.5cm×44cm
中ポケットー表ポケットと同じ
タグー7cm×5cm

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

4

まずはパーツを作って行きましょう!!

中ポケット生地を写真のように折りたたみます。
(※写真は見やすいように少しずらしています。)

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

5

中ポケット生地が折りたためたら、両端を縫いましょう。

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

6

表ポケット生地は半分に折って両端を縫い合わせます。
タグも同じようにしましょう〜◎

あとはパーツ全部を引っくり返してステッチをかければ、パーツは完成です。

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

7

次は取っ手を作っていきます!

取って生地を四つ折りにして両端を縫い上げます。
これをまた半分に折り、上下から9cmだけ縫い上げます。

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

8

さて、本体作りに入って行きますよ〜!!!!

まず、中生地を中表に合わせ、口部分を返し口6cm程度をあけ、ぐるりと縫い合わせましょう。

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

9

ここで表生地の表側に先ほど作ったポケットを縫い付けておきます。

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

10

表生地も中生地と同じように縫い合わせます♪(※表生地は返し口は開けなくて大丈夫です。)

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

11

表生地も中生地も所々に切り込みをいれて、引っくり返しやすくします。

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

12

表生地を引っくり返し、中生地の中にいれ、口部分をぐるりと縫い合わせちゃいましょう〜♪

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

完成

引っくり返して返し口を縫いとじ、アイロンで形を整えたら完成です!!

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

完成

表にも中にもポケットが付いてるので収納力も抜群!

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

完成

ころんとまん丸のかわいいバック。

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

完成

内生地もナチュラルでとってもかわいい!

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

完成

裏面はこんな感じ。
個性的な柄がよく映えています◎

今回使用した生地

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

pool of water

コットン100%の水玉の生地です。 水玉の「various waterdrop」シリーズの一つで、雨上がりの水たまりを抽象的に表現した柄になっています。 ガーゼは吸水性がいい素材ですので汗かきの子供グッズや、ブラウス、ワンピースなどお洋服にオススメです。 また、薄手で若干透け感がありますので、お洋服をつくられる際は重ね着をおすすめします。
ガーゼ生地は柔らかいのでミシン掛けの際はゆっくり丁寧に縫い進める事をオススメします。

ころんとかわいいまん丸バックの作り方

Wガーゼ 水玉ナチュラル ジャカード織り

コットン100%のジャカード織 水玉ナチュラル使用です。 人気の水玉模様のWガーゼになっていてふわっと柔かい感触が特徴的です。 また、縦の糸に染を入れない生成りの糸を使用しており、淡い色合いに仕上がっています。 水玉の直径は1.2cmで、裏表リバーシブルでご使用いただけます。
ガーゼは吸水性がいい素材ですので汗かきの子供グッズや、ブラウス、ワンピースなどお洋服にオススメです。 ガーゼ生地は柔らかいのでミシン掛けの際はゆっくり丁寧に縫い進める事をオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>