レース付きトートバックの作り方

Date : 2017.01.23

カテゴリー : FASHION DIY / バッグ

難易度 :

コスト :

こんにちは、ナカムラです◎

今回はレースがついたレトロかわいいミニトートバックを作ってみました。黒いフワフワしたフランネル生地があたたかくてこの季節にぴったりです♪

ミニトートといっても大きい形の本もはいる大きさなのでちょっとそこらへんに散歩♪お買い物♪などといったときにおすすめです。

中には4つの仕切りをつくり、全部で5つのものを入れるスペースがあり、鍵やリップ、口紅、目薬、携帯など小分けにしていれる事ができ、ものがごちゃごちゃしないですよ!!

とっても簡単にできるのでオススメ◎

今回使用したclocomiの生地

レース付きトートバックの作り方

フランネル生地

コットン80%、テトロン20%の起毛加工を施したフランネル生地です。 表面はふわふわしていてフェルトのようなやさしい感触が特徴的です。 厚みもありしっかりしているので、バックやジャケットなどにもご使用頂けます。

レース付きトートバックの作り方

幅広レース

約8cmの幅の、上品なかわいさの幅広レース。大きめのドットが全体にデザインされています。存在感たっぷりのこのレースは小物はもちろん、洋服などにも幅広く使えるおしゃれなレースです。端を処理するだけでヘアーターバンにもなります。

「レース付きトートバックの作り方」の手順

レース付きトートバックの作り方

用意するもの

・お好きな生地
(この冬にはふんわりしたフランネル生地がおすすめ)
・大判レース

レース付きトートバックの作り方

1:生地サイズ

生地を①本体表生地ーヨコ26.5×タテ33 
②中生地ーヨコ26.5×タテ33
③仕切り生地ヨコ26.5×タテ20
④取っ手生地ーヨコ40×タテ10
⑤レース生地ーヨコ26.5
をそれぞれ測りながら生地に形にとります。

※それぞれ2枚ずつ必要です。

レース付きトートバックの作り方

ポイント

測りながらチャコペンなど、線がひけるもので形をとり、線を引いておくと生地をカットしやすいです。

レース付きトートバックの作り方

2:生地を裁断

それぞれ①〜④までの生地カットしましょう。
⑤のレース生地もカットしておきます。

レース付きトートバックの作り方

3:取っ手を作り

取っ手を作って行きましょう。
④の取っ手生地を用意してください。

レース付きトートバックの作り方

4:取っ手生地を四つ折りにする

取っ手生地は基本的に四つ折りにします。
まず、生地を中心に向かって端から折り込みましょう。
※このとき中心線は半分に折ってアイロンをかけておくと分かりやすいです。

レース付きトートバックの作り方

5:取っ手生地を四つ折りにする

両端を中心に向かって折れたら、そのまま二つ折りにします。
マチ針で留めておきましょう。
これで四つ折りが出来ました。

レース付きトートバックの作り方

6:取っ手生地を縫う

四つ折りが出来たら、そのまま四つ折りが崩れないようにするために端部分を縫い合わせましょう。
端から約3mmあたりを縫うのがおすすめです♪

レース付きトートバックの作り方

7:撮って生地にステッチをかける

端が縫えたら、もう片方の折り部分のほうにもステッチとして縫います。

※4〜7を2枚分繰り返し、取っ手を2本作ります。

レース付きトートバックの作り方

8:取っ手完成

取っ手が縫えました。

レース付きトートバックの作り方

9:仕切りを作ります

次は、バックの中につかう仕切りポケットの下処理をします。
③の仕切り生地を用意しましょう。

レース付きトートバックの作り方

10:仕切り生地上部分三つ折り

ポケットの上側を約1cm程の三つ折りにします。

レース付きトートバックの作り方

11:仕切り生地三つ折り部分を縫う

三つ折り部分を縫い、ポケットの下処理は完成です。
※10〜11を仕切り生地2枚分行います。

レース付きトートバックの作り方

12:仕切り生地を縫い付ける

取っ手もポケットもできたのでいよいよ本体にさしかかります!さて、つぎは②の中生地と下処理したポケットを使います。
ポケット生地を下と横にしっかりと合わせ、マチ針を打ちます。

次に仕切りにしたい場所にミシンをいれます。

※ポケット口の部分は強度を高める為に3回程返し縫いをすることをおすすめします。
※この図は横向きに見た図です。

レース付きトートバックの作り方

仕切り口の拡大

12を中生地2枚にそれぞれ行いましょう。

レース付きトートバックの作り方

13:中生地を縫い合わせる

②の中生地にポケットが縫いつけれました。

そのまま中生地を中表(表同士が中に向く事)にあわせ、返し口6cmほどあけて、ぐるっと縫い合わせます。
赤い線を目安に縫い合わせましょう。

これで一旦中生地は終了です。

レース付きトートバックの作り方

14:本体にレースを縫い付ける

①の本体表生地とレース生地を用意しましょう。

本体表生地にレースを下から3cmほどあけて縫いつけます。
それぞれ2枚に行いましょう。

レース付きトートバックの作り方

15:本体生地を縫い合わせる

レースを縫い付けた本体表生地を中表にあわせ、口部分を除いてぐるっと縫い合わせましょう。

赤い線を目安に縫い合わせて下さい。

レース付きトートバックの作り方

16:引っくり返し、取っ手を仮止め

本体表生地が縫えたら、ひっくりかえします。

引っくり返した所に4〜8で作った取っ手を仮止めします。
それぞれ両端から7cmあたりの所で仮止めしておきましょう。

レース付きトートバックの作り方

17:本体生地を中生地に入れる

次は中生地を本体表生地を合体させます!

引っくり返していない中生地に16で引っくり返し、取っ手を仮止めした表生地をそのまま中に入れます。

レース付きトートバックの作り方

18:口部分を縫いあわせる

しっかりキレイにいれてしまうと口部分をぐるっと縫い閉じてしまいます。

レース付きトートバックの作り方

19:返し口から引っくり返す

口部分を縫い閉じれると中生地であけておいた返し口から中にいれた生地をひっぱりだします。
ぐいぐい引っ張り出しましょう。

レース付きトートバックの作り方

20:引っ張り出し、形を整える

引っ張り出してしまうとこのような状態になっています。
そして、中生地の返し口を縫いとじ、本体生地のなかにいれます。 

レース付きトートバックの作り方

21:最後にステッチをかける

最後に形を整え、本体口部分がごわごわしないように、ステッチを、ぐるっと縫っておきましょう。

レース付きトートバックの作り方

完成

完成しました〜◎

かわいい〜レトロかわいい!!
仕切りが沢山付いてるからなおいい!本とか入れて持ち歩きたいです。

レース付きトートバックの作り方

完成

レースがポイントです♪

レース付きトートバックの作り方

完成

実際にもってみました。

ちょうどいい大きさ◎いい感じ!
仕切りもお好みで数を増やしたり、幅を調整出来るので自分にあった仕切りを作って下さいね。

今回使用したclocomiの生地

レース付きトートバックの作り方

フランネル生地

コットン80%、テトロン20%の起毛加工を施したフランネル生地です。 表面はふわふわしていてフェルトのようなやさしい感触が特徴的です。 厚みもありしっかりしているので、バックやジャケットなどにもご使用頂けます。

レース付きトートバックの作り方

幅広レース

約8cmの幅の、上品なかわいさの幅広レース。大きめのドットが全体にデザインされています。存在感たっぷりのこのレースは小物はもちろん、洋服などにも幅広く使えるおしゃれなレースです。端を処理するだけでヘアーターバンにもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です