インテリアとしても使える、簡単コートカバーの作り方

Date : 2018.05.15

カテゴリー : DAILY ITEM DIY / その他

難易度 :

コスト :

今回は、インテリアとしても部屋を彩る簡単コートカバーに挑戦しました!

よく使うコートなど、ほこりを被らないよう押し入れに収納したら出し入れが面倒だったり、そのまま部屋にかけても生活感が出過ぎたりしますよね↑↑
そんな時、お気に入りの生地を使ったコートカバーを使うことで、ほこりを防ぎお部屋のインテリアとしても活躍します♪

コートカバーは簡単に作れるので、手芸初心者の方にもおすすめですよ☆

今回使用したclocomiの生地

インテリアとしても使える、簡単コートカバーの作り方

circle & line 2 - linen

約コットン80%、リネン20%のモチーフ生地です。丸と線のみで描かれたモダンなデザインのジャカード織のWガーゼ生地です。ダブルガーゼ生地は夏は涼しく、冬は暖かく、オールシーズン使えるのが大きな特徴です。
リネンが混じっているので、コットン100%のガーゼ生地に比べると少しシャリ感があります。

「インテリアとしても使える、簡単コートカバーの作り方」の手順

インテリアとしても使える、簡単コートカバーの作り方

必要なものを準備

・お好みの生地 60cm × 50cmを2枚
・レーステープ114cm (今回幅は3cmのものを使用)
・レーステープ19cm (今回幅は2cmのものを使用)
・くるみボタン2つ →くるみボタンの作り方

インテリアとしても使える、簡単コートカバーの作り方

1. 型紙を準備

まずは図を参考に型紙を作ります。
チャコペンで出来上がり線のシルシをお忘れなく。

インテリアとしても使える、簡単コートカバーの作り方

2. 布を裁断

型紙に沿って布を裁断しましょう。

インテリアとしても使える、簡単コートカバーの作り方

3. 上部を三つ折りで縫う

裁断した生地2枚の上部の縫いしろを、それぞれ三つ折りにして縫います。

インテリアとしても使える、簡単コートカバーの作り方

4. 上部にレースを縫いつける

生地2枚の表の上部に、それぞれレースを縫いつけます。(19cmのレース)

インテリアとしても使える、簡単コートカバーの作り方

5. サイドを中表に縫い合わせる

2枚の生地を中表にしてサイドを縫います。さらにジグザグミシン(又はロックミシン)で縫い合わせます。

インテリアとしても使える、簡単コートカバーの作り方

6. 下部を三つ折りで縫う

脇の縫いしろを片側に倒し、下部の縫いしろを幅1cmの三つ折りにして、ぐるりと1周縫います。

インテリアとしても使える、簡単コートカバーの作り方

7. レースを半分に折って端を縫う

114cmのレースを半分に折り、端を縫います。

インテリアとしても使える、簡単コートカバーの作り方

8. 下部にレースを縫いつける

レースを本体の下部にぐるりと縫い付けます。
(レースの幅は何cmでも大丈夫です。使用したものは幅3cmです。)

インテリアとしても使える、簡単コートカバーの作り方

9. くるみボタンをつけて完成

最後にくるみボタンをつけて完成!
(くるみボタンでなくても、普通のボタンやアレンジを加えてもおもしろいですね☆)

インテリアとしても使える、簡単コートカバーの作り方

コートカバー完成

使用する生地やアレンジによって、様々な表現ができます!
ぜひ一度挑戦してみてください ^ ^

今回使用したclocomiの生地

インテリアとしても使える、簡単コートカバーの作り方

circle & line 2 - linen

約コットン80%、リネン20%のモチーフ生地です。丸と線のみで描かれたモダンなデザインのジャカード織のWガーゼ生地です。ダブルガーゼ生地は夏は涼しく、冬は暖かく、オールシーズン使えるのが大きな特徴です。
リネンが混じっているので、コットン100%のガーゼ生地に比べると少しシャリ感があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です