本が読みやすいブックカバーの作り方

Date : 2016.09.23

カテゴリー : DAILY ITEM DIY / ブックカバー

難易度 :

コスト :

こんにちは◎

今回は「読みやすいブックカバー」を作りました。
サイズは文庫本サイズとハードカバーサイズになります。

最近”本の虫”なりかけている私が読みやすいなーと思ったブックカバーです。

特徴は
1.とにかく薄く、本の邪魔にならない。
2.シンプル イズ ザ ベスト無駄な装飾無し。
3.滑らないけど肌触りのいいもの。
4.挟みやすいしおり

です。
これらを兼ね備えたブックカバーを作ったので
みなさまも是非作ってみて下さい◎

とっても簡単です!!

今回使用したclocomiの生地

本が読みやすいブックカバーの作り方

ブロックチェック

コットン100%のチェック生地です。爽やかな色合いが春夏気分を盛り上げる、おしゃれなブロックチェック生地になっています。ナチュラルな美しさがあって、肌色に馴染みやすいく、自然を感じられるアースカラーがポイントで、全体的に柔らかな透け感があります。

「本が読みやすいブックカバーの作り方」の手順

本が読みやすいブックカバーの作り方

用意するもの

・なるべく薄い生地
・ヒモ
・綿(少し)

本が読みやすいブックカバーの作り方

文庫本サイズ、ハードカバーの大きいサイズの2サイズお好きなサイズに生地をカットします。

本が読みやすいブックカバーの作り方

文庫本サイズのカットです。

本が読みやすいブックカバーの作り方

ハードカバーサイズのカットしたものです。

本が読みやすいブックカバーの作り方

小さい四角生地を中表にあわせ、両端を縫い合わせ、引っくり返し両端にステッチをかけます。

本が読みやすいブックカバーの作り方

5

出来た押さえ生地を端から11cm程度のところに仮縫いします。

本が読みやすいブックカバーの作り方

しおりヒモにつけるボンボンをつくり、ヒモに縫い付けます。

※ボンボンの作り方はクロコミオフィシャルブログ『スタッフの作品-ヨーヨーキルトの作り方-』を御覧下さい。これに綿をつめたものです。

本が読みやすいブックカバーの作り方

しおりを生地の右側を4cm程度折りった状態の真ん中に仮止めし、折った部分を戻します。

次に生地を中表に合わせ、返し口5cm程度あけ、ぐるっと縫い合わせましょう。

本が読みやすいブックカバーの作り方

返し口から引っくり返し、アイロンで形を整えます。

本が読みやすいブックカバーの作り方

左側から4cm程度折り込み、そのままぐるっと端から0.5cmのところでステッチをかけ、完成です。

本が読みやすいブックカバーの作り方

10

ハードカバーサイズは7cm折り込みます。

本が読みやすいブックカバーの作り方

完成

とっても薄くて柔らかいブックカバーができました!
本を読むのがはかどりそうです!!

本が読みやすいブックカバーの作り方

完成

しおりの先にはボンボンがついていてかわいいです!
挟みたいときにスッと手にとって挟めるのもポイント!

本が読みやすいブックカバーの作り方

完成

ハードカバーサイズは辞書サイズもいれれます。
子供の為に辞書カバーを手作りするのも良いかもしれませんね◎

本が読みやすいブックカバーの作り方

完成

表と裏で色が違ってくるのもポイント!小洒落た感じになります。
ブックカバーはハンドメイドで簡単に作れるので初心者さんにもオススメ◎

今回使用したclocomiの生地

本が読みやすいブックカバーの作り方

ブロックチェック

コットン100%のチェック生地です。爽やかな色合いが春夏気分を盛り上げる、おしゃれなブロックチェック生地になっています。ナチュラルな美しさがあって、肌色に馴染みやすいく、自然を感じられるアースカラーがポイントで、全体的に柔らかな透け感があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です